学ぼうとする気持ちの大切さ

どんな仕事でも学ぶ気持ちは大事です。覚えようとしない人には誰も教えたくないでしょう。いろいろな仕事がありますが、日々学びが必要な仕事の代表的なものに看護師があります。
看護師は専門学校を卒業してからも、日々学ぶことをやめてはいけない仕事です。看護師として一人前になるのは何年も先です。
最初は病棟で実践を積んでいき、日常の看護について学んでいきます。院内外の研修に参加し学びをどんどん深めていきます。医療は進歩していくので常に勉強していかなければなりません。
新人にはプリセプターがついて指導する病院がほとんどです。丁寧に指導してくれますが実習と同じ様に、事前学習はとても大事です。行うことが前もってわかっていた業務なのに、事前学習をしないで先輩にやり方を聞くのと、事前学習したけれどわからない項目だけを質問するのとでは、先輩の印象はだいぶ違ってきます。
また上司の対応も違ってきます。学ぼうとしなければ、何回同じ事をしても覚える事はできません。
仕事をしていると「面倒だな」とか「どうしてこんなに勉強しなければいけないのだろう」と思うことはたくさんあります。面倒と感じても、それは自分がなりたいと思ってなった職業です。やる気がなくなった時は過去の自分の気持ちを思い出して、初心に帰って仕事をする事も大事です。
どんな仕事でも何年たっても学ぼうとする気持ちを忘れなければ、それが今後の自分のためにもなりますし人々のためにもなります。
学んで得たスキルは生涯役に立ちます。いくつになっても学び続けることを心掛けて、素敵な大人として成長していきましょう。
《推奨HP》:http://learned-posture.com